上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.10.31 This is it !!!!!
20091031102518
『This is it !!!!!』


はぁ~。



めちゃめちゃ、

めっちゃめちゃ、



かっこよかったーーー!!!!!



『King of POP』



って事、分かったよ。


なんで映画館なんやー!
キャーキャー
イェイイェイ
言いたい!
立ちたい!
えー、みんなうずうずせんのー!?
絶対するやろー!
せめて拍手だけでもー!


と終始心で叫んでしまうほどの


かっこよさ。



曲もかっこいいし、

ダンスもかっこいいし、

歌声もかっこいいし、

リズムもかっこいいし、

魅せ方もかっこいいし、

インスピレーションも深く面白い。


そんな彼を
リスペクトして止まない
ダンサーたちもかっこいい。

彼の中にある音楽に
忠実に答えられる
ミュージシャンたちもかっこいい。

彼の空想を映像に作り上げた人も、

彼の動きから常にぶれない照明も、

彼と意志疎通して全てを見れる監督も、


マイケルチーム
みんなみんなが、

かっこいい!




あかんあかんっ

思い出しただけで、

うずうずして~、


かっこよすーぎーるー!




ここまでのスターは
これからそうそう出て来ないやろうなぁ。

なんて偉大なんだー。



あの映像の数日後に
この世からいなくなるなんて…


いや、まだ生きてるで!


って思う。

くらい信じられん。



マイケルをあまり知らない私でさえ、
こんな風に思わせる彼は、
みんなの中で

永遠の

『King of POP』

であり続けるんだろうな。



必見ですえ!!!!!
スポンサーサイト
20091029182015
「天空に聳え立つ大寺院」。

こんなそそられるうたい文句を聞いた時、
それを空から撮影した写真を見た時から
アンコールワットの虜になった 私。


『アンコールワット展』
@美術館「えき」KYOTO


に行ってきました。


仏像などの諸彫像が67点展示されていました。



入って早速ご対面が、

この美しい尊顔!

(※写真参照)


キュッと引き締まっている口角、
力強い鼻、
そして穏やかに微笑んでいるような表情。


なんて綺麗なんや~!



この尊顔を筆頭に、神々しいお姿が数々並んでいます。(神仏像だから当たり前か。)


益々アンコールワットに行きたくなったよう!

森を抜けて姿を現す
あの大寺院で見た方が

この像たちはもっと
綺麗んやろな~!

いつか絶対行ってやる!


カンボジアの略年表も掲示されていて、
それによると7世紀頃の美術品てまだ荒削りな感じなんだけど、

その頃日本では
「法隆寺」が建てられているんですよ。

日本人の勤勉さや技術力の高さをこんな所でも
感じました。



ふと、

日本の仏像にも良く似たものや、
沖縄のシーサーに似たもの、
ガネーシャもいた事を思い出した。


宗教、文化、芸術

すべてのものは
どこからか流れ渡ってきて

独自に発展させていく

のだけど、

何処かで共有されているものなのかなと。


カンボジアは、
タイとベトナムに挟まれて微妙な立場だそう。
最近では、タイとの国境辺りで遺跡をめぐって戦闘がおきているそうだ。


根源を追求し、
自らのものであるとお互いに主張するから、
争いが起こるんやな。

根底にあるものはみんな同じだと思えたら、
平和やのにな~。

なんて平和ボケしてる日本人の私が思ってみたりした。



何はともあれ、


アンコールワット


への憧れが益々強くなってしまった、


ホリエでした。
2009.10.28 サザエさん
♪~ 買い物しようと街まで 出かけた~ら
サイフをっ
忘れてっ
愉快~な


………。



ゆっこちゃん!や!

こんな事したん初めてや!

お財布みたらお金が全然入ってなかった事はあるけど、


お財布忘れて仕事に行くとか、

初めてや!


(笑)


道中何かあったらどうすんねやろ、
とか思いながらも

行きはラガールカードあれば大丈夫だし、

帰りはタク代をくれるので

基本大丈夫です。


お友達の誕生日プレゼントを買えなかったくらいで…。



なんせ、
電車で鞄の中を見て
あるはずのものがない時の
自分のリアクションに

ウケた


ホリエなのでした。



あ~。
2009.10.27 音楽の秋。
先日は、
初ファンクセッション(ワークショップ)に参加!
最初は緊張してたのですが、
いざ音出しちゃうと
そんなの忘れて
「どうにでもなれ~」
って何も分からないまま
吹いておりました。

後で自分の演奏聴いたら、
もう。ねぇ。

笑いが出るほど

ダサい(笑)

何やってるかも分からん。

あー、カッコイイの吹きたい!

まぁ、これからですよね。

そして参加されてた皆さん、そして主催の方が素晴らしくエネルギーのある方で、
いい空気で
純粋に音楽楽しいんだよ~
と言うのを肌で感じられました。

素敵な時間だったな~


また皆さんにお会いしたいです♪
頑張るぞ!


ということで…



ライブ告知です。


メビウス∞サクソフォン・アンサンブル「クラシックナイト」

11月8日(日)

19:30~、21:00~ (2ステージ)

@ピア・ジュリアン

078ー391ー8081
神戸市中央区加納町4ー3ー2近藤ビル9F
(各三ノ宮駅から山手側に徒歩1分、マクドナルドが1Fにあるビルです。)


サックス8重奏のクラシック・ライブです。
お時間のある方、興味のある方、
是非お越し下さい♪

お越しいただける場合、堀江までご連絡下さい。

「いちばんたいせつなことは、目に見えない。」





とても
穏やかで
温かで
深くて
ちょっと切ない。

そんな豊かな感覚に包まれています。




『星の王子さま』



初めて読みました。
あぁ~。
なんて優しい物語なんだ~。


王子さまは自らの旅を通して
それを教えてくれます。

私はもう、
大人になってしまった。
(大人になった今やから深くしみわたってくるのかもしれないが。)

そんな私にも
”王子さま”
なときがあったはず。



例えば保育所に通っているときのこと。

節分の豆まきの絵をみんなで描いた。
教室に飾られた絵を見て友達が、

「ゆきちゃんの絵は、
 鬼より人間が大きくて変やな。」

と。
幼いながら、
みんなと違う事は変なんや、
と悲しくて
怒ったことがあった。

この時からみんなと一緒が嫌いだったかもしれないし、
そうやっていつの間にか自分の中に
俗に言う”普通”の感覚を
増やしていったのかな。


25歳の大人になった私と、
4歳の幼稚園児の私。

今、会話しようとしても
この作者の様に通じ合わないかもしれない。

その頃思っていたことを全く覚えていないのだし。


だからこそ
こうやって『星の王子さま』を
読んだんだと思う。



とにかく
ひとつひとつの言葉が
宝物みたいにきらきらしてて、
本当に豊かでやさしい。


無理強いはしないけど、
まだ読んだことのない人は
是非読んでみて下さい。


私のこの感想文では、
伝わらないし、


「いちばんたいせつなことは、目に見えない。」

のだから。



さあ今夜は「笑う星々」に会えるかな。

おやすみなさい。
2009.10.05 リアル
いつも近くで一緒に演奏している人の演奏を
逆の位置から観る。

って、


 … 変な感じ。




同じ曲を演ってるのに、
全然違う仕上がりだったり
違ったサウンドがする。

人が違うから当たり前の事なんやけど
それって面白いですよね。


そんなまともな事は基より…



実はいつも一緒に演奏しているメンバーの
演奏聴くのは
初めての経験で

最初は面白がっていたのですが、


聴いてるうちに

ものすごーく


客観的に聴いていました。


自分自身に照らし合わせて。



色んな人の演奏を聴くときも
色んな事感じたり、考えたりするんだけど

それらのどの瞬間よりも

今日のライブが

今までで一番



”リアル”


やった。



いい勉強させてもらいました。




そんな時
ふと

職場のマスターからのお手紙の
一説を思い出しました。



「良いライブは食事と同じで、
 (時間が)経ってからも
 そのことについて語れます。
 堀江君もそんなライブをあと数年でして下さい。」




これからも

どんな時も

(今日演奏していた)彼らとも

どんな人とも


そんな演奏をしていきたいな。

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。